募集中セミナー・講座一覧

【千葉】標定点登録済 ドローン測量トレーニング場

【千葉】標定点登録済 ドローン測量トレーニング場

公開日: 

東京から車で約1時間の場所にある千葉県内のリゾート施設「リソル生命の森」内に、測量の練習ができるドローントレーニング場がオープンしました。ご予約は1コマ1時間から。   …

標定点登録済 ドローン測量に特化したトレーニング場

ニーズが高まるドローンによる測量に特化したトレーニング場となります。また、複数の三次元データ作成・解析ソフトもお試しいただけるため、導入をお考えの皆様の比較検討にもご利用いただけます。

【東京/千葉】レース用ドローン製作・基礎プログラミング講座

【東京/千葉】レース用ドローン製作・基礎プログラミング講座

公開日: 

講師にドローンレーサーでもあり、ドローン無線の第一人者でもある酒井淳一郎氏と、ドローンレースの第一人者・高橋亨氏を迎え、本格的なレース用ドローンの実機製作から、ドローンプログラミン…

機器の製作でハード面、ソフト面両方の理解が深まる

講師にドローンレーサーでもあり、ドローン無線の第一人者でもある酒井淳一郎氏と、ドローンレースの第一人者・高橋亨氏を迎え、本格的なレース用ドローンの実機製作から、ドローンプログラミングの基礎までが学べる講座です。

ドローンプログラミング習得・実装講座

ドローンプログラミング習得・実装講座

公開日: 

IoT×ドローンで時代に求められるスキル。本講座では、ドローンSW開発者向けオープンソースコード体系である「ArduPilot」をベースに学んでいただき、「DroneKit」を活用…

ドローン×IoT時代に注目のスキルを習得

ドローンをプログラミングで自在に操るための講座となります。ドローンのプログラミングにおけるトレンドのツールを網羅しながらも、上級編ではAWS IoTとの接続や、Amazon Alexaを利用した開発なども学ぶことができます。

【e-ラーニング】三陸特養成課程+ドローン基礎講座

【e-ラーニング】三陸特養成課程+ドローン基礎講座

公開日: 

受講料:19,440円(税込)   現在、夏の資格取得キャンペーン実施中!   ※e-ラーニング版 第三級陸上特殊無線技士養成課程+ドローン基礎講座に関するより…

ドローン操縦に役立つ資格を全国で

電波法の改正により、ドローンが専用で使用する周波数帯が設定されました。そしてその帯域を使用してドローンを飛ばす際には、第三級陸上特殊無線技士(略して「3陸特(さんりくとく)」と呼ばれます)の資格が必要になります。

【千葉】ドローンスタートアップ講座

【千葉】ドローンスタートアップ講座

公開日: 

3DR社のSOLO、DJI社Phantom4向けの講座になります。購入して間もない方、今回の講座をきっかけに購入された方を対象とした、2日間の宿泊付き講座となります。 ・技適マーク…

ドローンの実機操縦を徹底マスター

ドローンを操縦するために必要な知識と、実機の正しい操縦方法を1泊2日でマスターしていただきます。ドローンの訓練のために十分な広さを持つ千葉県内にあるリゾート施設にて座学と飛行訓練を行います。

【東京】三陸特養成課程+ドローン講習会

【東京】三陸特養成課程+ドローン講習会

公開日: 

第三級陸上特殊無線技士養成課程とドローン基礎講座が一緒になったプランです。 定価24,840円・税込 → 特別価格19,440円・税込 ※ドローン基礎講座(5,400円相当)が無料…

無線の国家資格と、ドローンの基礎を一緒に学べる

今後、ドローン専用の電波帯として国が定めた帯域を使用できる国家資格「第三級陸上特殊無線技士」の取得と、ドローンの基礎を一緒に学べて、受講料もお得な講座です。

【東京】ドローン講習会

【東京】ドローン講習会

公開日: 

受講料 5,400円(税込) ※第三級陸上特殊無線技士養成課程をお申込みの方は無料となります。   開講スケジュール 2019年1月20日(日) 2019年2月17日(…

ドローンの実機の操縦体験

「いきなり自分で購入するほどではないが、実際に操縦してみたい」「気になっていたけれどどこで勉強をすればいいのか迷っていた」という方におすすめ。

【東京】第三級陸上特殊無線技士養成課程

【東京】第三級陸上特殊無線技士養成課程

公開日: 

受講料 19,440円(税込) ※教科書代が含まれています。免許申請用の収入印紙1,750円は別途お客様でご用意をお願いいたします   開講スケジュール 2019年1月…

ドローン操縦に必要となり得る資格

電波法の改正により、ドローンが専用で使用する周波数帯が設定される見込みです。そしてその帯域を使用してドローンを飛ばす際には、第三級陸上特殊無線技士(略して「3陸特(さんりくとく)」と呼ばれます)の資格が必要になるといわれています。