【ブログ】まるでタケコプター!?ドローン×VR体験

2017年4月14日

どうも、DRONE TECH ONLINE STOREの野田です。

 

突然ですが、皆さんは鳥になって空を自由に飛びたいと思ったことはないですか。

 

私は幼少の頃から大人になった今でも空を自由に飛びたいと思っています。背中に翼があったらいいなと…。

 

そんな望みを叶えるべく擬似的にはなりますがドローンとVRゴーグルと3D FPVというアプリがあれば可能となりました!

 

この3D FPVというアプリは優秀で、カメラの傾きに合わせドローンのカメラも動きます。つまり頭を動かせば同じ方向にカメラが向くので直感的に操作が可能です!まさに現代版のタケコプターといった感じでしょうか。笑

 

準備するものとしてドローンとVRゴーグルと専用アプリ、そして送信機とゴーグルを接続するための延長ケーブルが必要です。

 

 

まずはドローンですがPhantomやMavicなどのDJI製のドローンを用意します。(現在のところ3DR Soloのドローンについては開発中とのこと)

 

今回はDJI製のMavicを使用してみます

 

次にVRゴーグルですがAmazonや楽天で比較的安いゴーグルが売っており送料込みで2,000円前後で入手可能です。ここで注意が必要ですがスマホの背面(カメラ部分)が見えるタイプを選んで下さい。

 

 

というのもスマホのカメラを利用し送信機のボタンを切り替えることでドローン視点と自分目線での視点を切り替えることができるからなんです。

 

 

もちろんドローンの視点のみにすることも出来ますし、画面の上半分をドローン視点、下半分にはマップを表示させるような使い方も出来ます。

 

ドローンの視点のみの映像

 

マップを同時に表示させた映像

 

※日本国内の屋外での目視外飛行は禁止となっておりますので屋内で飛行して下さい。または二人一組となり、操縦者と鑑賞者に分かれて楽しんで下さい。

 

送信機とスマホを接続する延長ケーブルは、私はiPhoneですのでオス-メス延長ケーブルを購入しました。Amazonで約1,000円です。

 

 

そしてアプリは下記から入手して下さい。

 

【3D FPV – DJI drone flight in real 3D VR FPV】

iOSはこちらから
androidはこちらから

 

これで準備は整いました!快適な空の旅を楽しんで下さいね!

views:
2,530
Author:
DRONE TECH ONLINE STORE 店長

トピックス

Bird’s Viewサービス-スポーツ空撮サービス

Bird’s Viewサー…

スポーツの練習・試合をドローンでBird’s view (俯瞰図)視点で撮影する事で、チーム全体の大きなレベルアップに役立ちます…

アマチュア無線4級+マイクロドローン体験講座 受付開始

アマチュア無線4級+マイクロドローン体…

ドローンレースに参加するには必須資格であるアマチュア無線4級を1日半で取得。2日目後半はドローンと無線について学び、今話題のマイクロドローン…

3DR SOLO専用赤外線カメラ発売

3DR SOLO専用赤外線カメラ発売

ドローンによる建造物、太陽光発電の点検に最適。FLIR社製「Vue Pro」シリーズカメラと専用ジンバルのセットを販売致します。 赤外線カメ…